1問1答 2人乗務【2024年4月改正対応】労働基準法関係

【2024年改正】労働基準法関係
  • 2024年(令和6年)4月改正の問題を重点的に解きたい
  • 2024年(令和6年)4月改正の知識が不安
  • スキマ時間が出来たのでちょっとだけ問題を解きたい
  • ウォーミングアップでちょっとだけ問題を解きたい

など、このランダム出題をご活用ください。

現在、問題は6問あります。
2024年(令和6年)4月1日に改正された「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」を1問1答にしております。

 

2人乗務【2024年4月改正】

問題文を読み、正しい解答を選択してください。答えの解説はありません。

問題はランダムに2問、出題されます。答えは2問解答後に表示されます。

問題文の下に「もう一度このランダム出題を解く」ボタンがありますので、タップ・クリックすると続けて問題を解けます。


トラック運転者が同時に1台の自動車に2人以上乗務する場合であって、車両内に身体を伸ばして休息することができる設備があるときは、拘束時間を20時間まで延長するとともに、休息期間を4時間まで短縮することができる。また、設備が次の①②のいずれにも該当する車両内ベッドであり、かつ、勤務終了後、継続11時間以上の休息期間を与える場合は、拘束時間を[   ]まで延長することができる。①長さ198cm以上、かつ、幅80cm以上の連続した平面であること。②クッション材等により走行中の路面等からの衝撃が緩和されるものであること。
トラック運転者が同時に1台の自動車に2人以上乗務する場合であって、車両内に身体を伸ばして休息することができる設備があるときは、拘束時間を20時間まで延長するとともに、休息期間を4時間まで短縮することができる。また、設備が次の①②のいずれにも該当する車両内ベッドであり、かつ、勤務終了後、継続11時間以上の休息期間を与える場合は、拘束時間を24時間まで延長することができる。①長さ198cm以上、かつ、幅80cm以上の連続した平面であること。②クッション材等により走行中の路面等からの衝撃が緩和されるものであること。この場合において、[   ]の仮眠時間を与える場合には、当該拘束時間を28時間まで延長することができる。
2人乗務【2024年4月改正】
{{maxScore}} 問中 {{userScore}} 問 正解!
{{title}}
{{image}}
{{content}}