1問1答 分割休息の特例【2024年4月改正対応】労働基準法関係

【2024年改正】労働基準法関係
  • 2024年(令和6年)4月改正の問題を重点的に解きたい
  • 2024年(令和6年)4月改正の知識が不安
  • スキマ時間が出来たのでちょっとだけ問題を解きたい
  • ウォーミングアップでちょっとだけ問題を解きたい

など、このランダム出題をご活用ください。

現在、問題は9問あります。
2024年(令和6年)4月1日に改正された「自動車運転者の労働時間等の改善のための基準」を1問1答にしております。

 

分割休息の特例【2024年4月改正】

問題文を読み、正しい解答を選択してください。答えの解説はありません。

問題はランダムに3問、出題されます。答えは3問解答後に表示されます。

問題文の下に「もう一度このランダム出題を解く」ボタンがありますので、タップ・クリックすると続けて問題を解けます。

トラック運転者の休息期間について業務の必要上、勤務終了後、継続9時間以上(宿泊を伴う長距離貨物運送の場合は継続8時間以上)の休息期間を与えることが困難な場合、次に掲げる要件を満たすものに限り、当分の間、一定期間(1か月程度を限度とする。)における全勤務回数の2分の1を限度に、休息期間を拘束時間の途中及び拘束時間の経過直後に分割して与えることができる。①分割された休息期間は、1回当たり継続3時間以上とし、2分割又は[   ]とする。②1日において、2分割の場合は合計10時間以上、3分割の場合は合計12時間以上の休息期間を与えなければならない。③休息期間を3分割する日が連続しないよう努める必要がある。
トラック運転者の休息期間について業務の必要上、勤務終了後、継続9時間以上(宿泊を伴う長距離貨物運送の場合は継続8時間以上)の休息期間を与えることが困難な場合、次に掲げる要件を満たすものに限り、当分の間、一定期間(1か月程度を限度とする。)における全勤務回数の2分の1を限度に、休息期間を拘束時間の途中及び拘束時間の経過直後に分割して与えることができる。①分割された休息期間は、1回当たり継続3時間以上とし、2分割又は3分割とする。②1日において、2分割の場合は[   ]、3分割の場合は合計12時間以上の休息期間を与えなければならない。③休息期間を3分割する日が連続しないよう努める必要がある。
トラック運転者の休息期間について業務の必要上、勤務終了後、継続9時間以上(宿泊を伴う長距離貨物運送の場合は継続8時間以上)の休息期間を与えることが困難な場合、次に掲げる要件を満たすものに限り、当分の間、一定期間(1か月程度を限度とする。)における全勤務回数の2分の1を限度に、休息期間を拘束時間の途中及び拘束時間の経過直後に分割して与えることができる。①分割された休息期間は、1回当たり継続3時間以上とし、[   ]又は3分割とする。②1日において、2分割の場合は合計10時間以上、3分割の場合は合計12時間以上の休息期間を与えなければならない。③休息期間を3分割する日が連続しないよう努める必要がある。
分割休息の特例【2024年4月改正】
{{maxScore}} 問中 {{userScore}} 問 正解!
{{title}}
{{image}}
{{content}}